りょこうのしおり系?

躁鬱系管理人ZAION
<< RPに近いスタイルを取り込んだ前衛をマジで作ってみる その1 | main | RPに近いスタイルを取り込んだ前衛をマジで作ってみる その3 >>
RPに近いスタイルを取り込んだ前衛をマジで作ってみる その2
0
    フィート:準備・解説編(9/24完成。が、内容的にはまだ続きます)
    ・フィート
    メイクの段階では、損害減らしという事でダッジとタフネスを習得。
    アクティブフィート(任意起動で、範囲攻撃や敵の動きを封じるなどの効果を付与させる攻撃)を使うかどうかを最初に検討してみますが・・・
    アクティブフィートは強力なれど、本当に強力なアクティブフィートを使うようにするためにはINT13必要(コンバット・エクスパーティスと言うスキルが前提条件に必要で、かつコレを習得する条件がINT13)なので、アクティブ系はスタニング・ブローとパワー・アタックだけとするのが良さそうなので、他は見限りましょう。
    で、キャラクターコンセプト的に必要そうなフィートを並べてみると・・・
     ダッジ(Lv1の時点で習得決定)
     タフネス(Lv1の時点で習得決定)
     ウェポン・フォーカス(下記3つは習得後、検討すべきフィート)
      (ウェポン・スペシャライゼーション)
      (グレーター・ウェポン・フォーカス)
      (インプルーブド・クリティカル)
     ツーハンデット・ファイティング(下記は習得後、検討すべきフィート)
      (インプルーブド・ツーハンデット・ファイティング)
     シールド・マスタリー(下記は習得後、検討すべきフィート)
      (インプルーブド・シールド・マスタリー)
     モバイリティ
     スタニング・ブロー
     アクロバティック
     アイアンウィル
     ライトニング・リフレックス
     パワー・アタック
     ラック・オブ・ヒーロー
    と言った所でしょうか。
    また、ここから解説をしてみましょう。

    *ダッジ(Lv1の時点で習得決定)
    ダッジボーナス+1・・・要はAC+1。
    ACってのは防御(DDの防御は回避と同じ)の事です。
    ダッジと言うタイプのACボーナスは少ないっぽいので、とっておいて損をする事は無いフィートです。

    *タフネス(Lv1の時点で習得決定)
    HP+3。
    さらにLvが上がるときにHPが+1されるようになる。
    ダメージ軽減と言うものが非常に少なく、そして難しいDDにおいてHP量は非常に重要です。

    *ウェポン・フォーカス(グレーター・ウェポン・フォーカス)
    スラッシング(切る武器)、ピアッシング(刺す武器)、スローイング(投げる武器)、ブランジョン(叩く武器)、レンジド(投げる以外の飛び道具)があって、対応する武器の攻撃ロール(命中判定)に+1のボーナス。
    グレーターはさらに+2することができるが、その系統のウェポン・フォーカスの習得と攻撃ボーナス+8(前衛職業だとLv8と同義語)と言う前提条件が必要。
    言って見れば、命中が上がるわけですな。
    二個とると+3されるので、結構強力だったりします。
    (D20+攻撃ボーナスが相手のACを上回れば命中となる)

    *ウェポン・スペシャライゼーション
    打撃ロール(ダメージボーナス)+2と言うフィート。
    しかし、Lv4になっていて、かつその系統のウェポン・フォーカスを習得していないと、習得できない。
    ダメージを増やす事ができる数少ない手段です。

    *インプルーブド・クリティカル
    クリティカル率を二倍にするフィート。
    Lv8にならないと習得できない。
    スラッシングやピアッシングのクリティカルを2倍にすると、結構か無く率でクリティカル判定に持ち込める。
    ・・・が、クリティカル判定成功率は5%(汗

    *ツーハンデット・ファイティング
    両手武器一回目の攻撃ボーナスペナルティを-2に軽減する。
    両手武器ってのは一回目が範囲攻撃で、-4くらいのペナルティがあるんですが、これを軽減します。
    大群をなぎ倒す事を前提に考えると、結構使えるフィートかしら。

    でも、このペナルティは攻撃範囲に敵が1体しか居ないときには発生しなかったりします。

    *インプルーブド・ツーハンデット・ファイティング
    両手持ち武器の範囲攻撃のダメージ+10%増加。
    まぁ、言ってみれば最初の範囲攻撃の破壊力を増大させる技ですね。
    上述のウェポン・スペシャライゼーションとかぶりますが、10%と言うのがキーポイントで、パワーアタックと組み合わせるととんでもないダメージが出せる可能性があります。

    *シールド・マスタリー(インプルーブド・シールド・マスタリー)
    盾防御した際にダメージ軽減+3。
    まぁ、防御時に受けるダメージが軽減すると言うものです。
    インプルーブド・シールド・マスタリーはさらに3点軽減します。
    2つ習得すると-6点と言う要塞のような鉄壁さを有する事ができます。

    *モバイリティ
    ダッジ中にAC+4。
    緊急回避時の防御があるというスキルなんですが、攻撃判定がほぼ一瞬で攻撃範囲内に発生してしまうので、あんまり緊急回避には使えないです。
    が、強行突破や時間稼ぎには非常に使えると思います。

    *スタニング・ブロー
    ターゲットを6秒間、朦朧とさせる。
    まぁ、動きとめ技の定番です。
    DC15で頑健セーヴと言う事で、意外と使える。。。みたいです。

    *アクロバティック
    ジャンプ+2とタンブル+2の修正を与える。
    スキルフィートの中ではあまり使えないが・・・今回のキャラは、重装備の関係でアイテムブーストしないとタングルが出来ないので、結構使えるかも。

    *アイアンウィル
    意思セーブ+2。
    ファイターは頑健以外のセーブがとことん弱いので、底上げしてやると大変便利です。

    *ライトニング・リフレックス
    反応セーブ+2。
    ファイターはry

    *パワー・アタック
    攻撃ボーナスを0にし、攻撃ボーナスをダメージボーナスに加える。
    つまり、命中が非常に悪くなるのですが、ダメージが跳ね上がります。
    両手武器はこの修正が二倍になるので、非常にやばい攻撃力になります。

    *ラック・オブ・ヒーロー
    反応、頑健、意思セーブに+1。
    能力の底上げは地味に強力。

    という感じです。
    で、じゃあ具体的に何をとろう?という事になるわけですが、フィーとはクラスLvの上げ方に大きく関わって来ます。
    ファイター一本で考えるとするならば、LV1(2コ)、LV2、LV3、LV4、LV6(2コ)、LV8、LV9、LV10の10個習得できる事になります。
    なお、赤字で書いてあるところはボーナスフィートではなく通常にもらえるフィート(Lv1とLv6ではボーナスと通常を同時に習得)です。
    通常にもらえるフィートには制限が無いのですが、ボーナスフィートは戦闘系のものしか習得できないという難点があります(が、それでも十分なのです)。

    と、また馬鹿馬鹿しいほど長くなってきたので続きます。
    | lkun197 | DDOメモ | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://it-ruins-the.tsf.daa.jp/trackback/259572
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE